千葉県柏市の内科・小児科・胃腸内科・耳鼻咽喉科クリニック。各種内視鏡検査、めまいやいびき、アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)、もの忘れ外来も。

当院は完全予約制ではありません TEL 04-7132-8881 FAX 04-7132-8395
オンライン予約24 時間受付 予約される方及び現在の順番確認はこちら
※インターネット予約がうまく行えない方はお電話下さい
  • ホーム
  • 医院紹介・アクセス
  • 内科・小児科・アレルギー科
  • 耳鼻咽喉科・・アレルギー科
  • 胃腸・肝・胆・膵 内視鏡内科
  • 専門外来  めまい・いびき・におい・味 他

お知らせ

診療待ち時間のない遠隔診療を開始しました。

1)舌下免疫療法(シダキュア、シダトレン、ミティキュア、アシテア)

2)生活習慣病(高血圧症、糖尿病、脂質異常症、気管支喘息等)

既に初診から6か月以上経過し、(直近の6か月間は月1回受診されている方)で、経過良好の方については、スマートフォンやパソコンを使用したビデオチャットにて、連続2か月まで、対面診療を行うオンライン診療ができます。

(保険診療となるため、オンライン診療可能な患者様の要件があります。ご相談下さい。)

オンライン診療を承る時間は当方の時間外になります。

処方箋は4日以内に取りに来ていただくことになりますが、受診時の待ち時間がありません。受付で会計及び発行された処方箋をもらってください。処方箋発行時、受付で保険証及び子ども医療費助成受給券等をご提示ください。(月1回提示が必要です。)

3)花粉症・季節性アレルギー性鼻炎

花粉症の場合は、まず今シーズンの初診が必要となりますので、当院を受診して下さい。

2回目からはスマートフォンやパソコンを使用したビデオチャットにて対面診療を行う遠隔診療が可能です。

(別途 選定療養費¥540がかかります。)

4日以内に会計及び処方箋受け取りにいらして下さい。(連休前はお気をつけください)

※ビデオチャット受付可能時間※

18:00~20:00(月)~(金)

17:00~19:00 (土)

又は医師の指定した時間

4)睡眠時無呼吸症候群

現在使用機種がA10の方は遠隔モニタリングを利用して、隔月受診が可能です。

4か月以上受診がないとすべてが自費となり、6万円相当かかります。

そのため、2か月ごとの受診までを推奨しております。

[2019/01/05更新]

※近隣(柏の葉地区)での麻疹患者発生に伴う対応について※

2018年10月下旬 柏の葉地区で麻疹患者の発生報告がありました。

以下の「麻疹罹患が疑われる症状」が出現した場合には、受診前にまず当院へご連絡下さい。

①発熱

②鼻汁

③発疹(ほっしん)

④眼球結膜充血など

万が一罹患されていた場合の感染拡大を防止するため、待合室での待機を避けていただき、お車、又は隔離室にて待機していただくようご協力いただきます。来院時すぐに受付にお声がけ下さい。医師の指示をお伝えいたします。

[2018/11/02更新]

当院ではがん免疫細胞療法を行っております。

これまでのがん治療は、手術や放射線治療、抗がん剤治療などいわゆる三大治療が標準治療でした。しかし標準治療だけでは「十分な効果が得られない」「もう治療がない」と言われてしまうがん患者さんが存在するのも事実です。免疫細胞療法は、これら三大治療で克服できない患者さんにも選択できる治療法です。

ご興味のある方は、まず当院診療時間内に受付までお電話下さい。

お名前、ご連絡先、病名を伺います。

担当医師より折り返しご連絡させていただきます。

[2018/10/30更新]

非常勤医師のご紹介

■ 畑 裕子医師 (耳鼻咽喉科 第2・第4土曜日午前)

東京医科歯科大学卒業

日本耳鼻咽喉科学会専門医

日本めまい平衡医学会 めまい相談医

顔面神経学会、聴覚医学会、耳鼻咽喉科臨床学会、日本頭頚部外科学会、日本感染症エアロゾル学会

職歴:東京品川病院(旧東芝病院)耳鼻咽喉科部長

元三井記念病院 耳鼻咽喉科科長

専門領域:中耳手術、神経耳科学(めまい平衡、顔面神経麻痺、難聴)、耳鼻咽喉科一般

 

■ 和田 翠医師(耳鼻咽喉科 毎週月曜日午前、第1・3・5土曜日午前)

東京大学大学院卒業

日本耳鼻咽喉科学会専門医

職歴:東京大学医学部付属病院、東邦大学医療センター佐倉病院

専門領域:耳鼻咽喉科一般、免疫細胞、頭頚部腫瘍、ヒトゲノム(人類遺伝学)

東京大学医学部付属病院緩和ケア研修会終了

 

■ 山下 智医師

外科専門医

職歴:東京大学医学部付属病院、国立国際医療研究センター、同愛記念病院

専門領域:消化器外科 甲状腺 乳腺  在宅医療

東京大学医学部付属病院緩和ケア研修会終了

 

■大学病院からの医師

[2018/10/29更新]

スギ・ダニ花粉症の舌下免疫療法開始をご希望の方へ

スギ花粉症の舌下免疫療法(シダキュア)の開始時期は5月末~12/31までです。

ご希望の方は治療内容についての詳しい説明・適応チェックのための診察や検査が必要ですので、ご来院の上、ご相談ください。

ダニ舌下免疫療法(アシテア、ミティキュア)は通年性の抗原のため、スギとは違い一年中いつでも開始できます。

当院はシダトレン、アシテア、ミティキュアの治験段階から参加し、治験例72症例及び保険適応後の症例が140例(2018.12/28時点)になりました。

また24時間対応診療所であるため、トラブルの際は夜間でも担当医師が対応する体制をとっております。そのため6年前の治験開始時より、一例も事故はありません。

シダトレンは12歳以上、それ以外は5歳以上から開始できます。(シダキュアは2018年6月の発売から1年間は1回処方が14日分までとなるため、長期処方が可能になる来年以降の開始をお勧めしております。)

お子様については、子ども医療費助成受給券をお持ちの間に始められると、経済的負担が軽くなります。

薬剤料は月 約3000円程度です。(保険適応 3割負担の場合)

詳しくは以下をご参照下さい。

鳥居薬品株式会社公式サイト(http://www.torii-alg.jp/)

◎シオノギ製薬 ダニによるアレルギー性鼻炎に関する情報サイト( http://www.dani-allergy.jp/

[2018/08/31更新]

当院は難病の患者に対する医療等に関する法律における指定医療機関です。

平成30年4月より当院は難病の患者に対する医療等に関する法律における指定医療機関となりました。指定難病医療受給者証をお持ちの方は受付時に提出下さい。

[2018/04/07更新]

耳鼻咽喉科土曜日の予約は検査の方のみとなります。

2018年1月より、耳鼻咽喉科 土曜日の時間予約は「検査の方のみ」とさせていただきます。

(受付にて予約をお取り致します。)

患者様による予約はとれなくなりますので、受付時間内にご来院ください。順番で診察致します。 待ち時間が長くなることが多く、ご迷惑をおかけしておりますが、何卒ご理解、ご協力のほどお願い申しげます。(内科・小児科は変更ありません。)

※尚、土曜日及び月曜日は医師二人体制の場合、疾患・病態に応じてそれぞれの医師が診察致します。よって順番が前後する場合がございます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

<お知らせ>

高熱・嘔吐等、重症の患者様は長時間待つことなく、積極的に迅速診断を行います。そのため、多少診察の順番が前後することがございます。ご了承のほどお願いいたします。高熱・悪寒戦慄・節々の痛み・筋肉痛・経口摂取困難・嘔吐下痢の方は受付時にお申し出ください。

[2018/03/28更新]

味覚、嗅覚外来は完全予約制です。基準嗅覚検査が実施可能となりました。

2017.6月より基準嗅覚検査が実施可能となりました。交通事故及び労災事故等で嗅覚の著名な障害が生じた場合、経静脈嗅覚テスト(アリナミン静注テスト)で嗅覚脱出を判定した場合と、基準嗅覚検査で嗅覚脱出を診断した場合、等級及び保証金額が異なりますので、できる限り基準嗅覚検査をお勧めいたします。検査は3回以上反復して判定いたします。

尚、現在 味覚、嗅覚検査についてのお問合せが大変多くなっております。

検査に時間を要するため、また、より適切な検査の時間帯に来院していただくため、完全予約制とさせていただいております。インターネット予約ではなく、受付までお電話いただき、日時を設定の上、ご来院下さい。現在予約が混みあっており、すぐにお入れできない場合がございますことをご了承ください。 事前にお送りいただきたい資料もございます。

※基準嗅覚検査・嗅覚同定検査・味覚検査当日は検査結果を明確にするために以下注意点にご留意下さい※

1)食後1時間あけてください。(食後すぐに歯磨きをしてください。)

2)においの強いものは当日摂取不可です。(納豆、干物、コーヒーなど)

3)検査前はたばこを吸わないでください。

4)においの強い化粧品、コロンや香水、制汗剤の使用は控えてください。

5)香り付き洗剤や柔軟剤などを使用した衣類での来院は控えてください。

6)前日の深酒は避けてください。

7)検査前は水以外を口にするのを控えてください。(ガムや飴も不可)

[2017/09/08更新]

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の検査及び加療を行っております。

当院ではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の検査及び加療を行っております。

COPDは世界的に認知が広まり、日本でも健康づくり運動「健康日本21」に取り上げられるなど、発症・重症化予防が呼びかけられるようになりました。

以下のサイトに詳しい説明があります。

http://www.asahi.com/ad/copd/

[2016/10/29更新]

アシテアダニ舌下錠の長期処方ができるようになりました

アシテア®ダニ舌下錠(シオノギ製薬)の投与期間制限が解除されました。

ご希望の方はまず診察をお受けください。

[2016/06/08更新]