千葉県柏市の内科・小児科・胃腸内科・耳鼻咽喉科クリニック。各種内視鏡検査、めまいやいびき、アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)、もの忘れ外来も。

当院は完全予約制ではありません TEL 04-7132-8881 FAX 04-7132-8395
本日のネット順番受付はこちら
  • ホーム
  • 医院紹介・アクセス
  • 内科・小児科・アレルギー科
  • 耳鼻咽喉科・・アレルギー科
  • 胃腸・肝・胆・膵 内視鏡内科
  • 専門外来  めまい・いびき・におい・味 他

お知らせ

※10/1からインフルエンザの予防接種を開始しました。※

10/1からインフルエンザの予防接種を開始しました。

只今、ワクチンの在庫がありません。

入荷次第お知らせいたします。

13歳以上 3500円

13歳未満 1回目:3500円 2回目:3000円(1回目を当院で接種した方)

[2019/10/16更新]

臨時休診/代診のお知らせ(内科:11/26AM休診)

【内科・小児科】

11/26(火)午前休診(午後は通常通り)

【耳鼻咽喉科】

11/16(土)、11/30(土)和田医師の診察です。(副院長外来休診)

[2019/10/16更新]

予防接種Web予約開始について(11月接種分より)

2019年11月分より予防接種のweb予約ができるようになりました。

当院のホームページより、接種する方のお名前でログインしていただきますと、

「予防接種」の「日時指定予約」の項目がございます。60日先まで予約できます。

ご自分でキャンセルすることもできますが、当日の体調不良や急な用事で来院できなくなった場合は受付へお電話下さい。

また予防接種のスケジュール等でご不安な方は、お電話でも予約をお受けしておりますので、ご遠慮なくお電話下さい。

[2019/10/01更新]

阪大微研製4種混合ワクチンを受けられた方へお知らせ

※阪大微研製4種混合ワクチンを受けられた方へ※

阪大微研が製造した4種混合ワクチン(DPT-IPV)を接種した方について、製品の一部でその中のポリオワクチン成分に不具合があることがわかりました。通常はポリオワクチンの効果に大きな影響はないと考えられていますが、当該ワクチンを受けた方の中でご希望の方は、無料で抗体検査を受けることができます。さらに検査の結果抗体の値が低い場合は、ポリオワクチンの追加接種もできます。いずれも費用は阪大微研が負担します。
抗体検査は4種混合ワクチンの4回目(追加接種)を終了して4週間以上経っているお子さんに行います。
対象となるワクチンは2017年3月以降に製造された「4K23A」「4K23B」「4K23C」「4K24A」「4K24B」「4K24C」のロット番号の製品です。
母子手帳に貼られたシールをご確認の上、
①当院で4種混合ワクチンを一度でも接種されている方。
②4回接種が済んでいる方で上記のロット番号に当てはまる方。は、
当院受付までお電話ください。抗体検査の日程を決めさせていただきます。
抗体検査キットの手配の関係上、お電話から2週間後以降とさせていただきます。

[2019/10/01更新]

柏市健診等/予防接種について

 【柏市特定健診について 】

朝食を摂らずに来院していただきます。予約を承りますので、お電話下さい。

(10月は予約が定員に達しております。11月以降の予約を承ります。

当月内に結果を聞きに来ていただきますので、月末はお受けしておりません。)

【柏市肝炎ウイルス検査について】

内科の診療時間内でお受けしています。特定健診と同時に行えます。

(結果は後日となります)

【柏市骨粗しょう症検査について】

内科の診療時間内でお受けしています。特定健診と同時に行えます。

(骨粗しょう症検査結果は当日説明できます。)

【柏市胃がん検診について】

検査は第1、第3土曜日に行います。

事前に問診、感染症採血が必要です。内科外来を受診いただきます。

日程についてはお電話でお問合せ下さい。

【柏市大腸がん検診について】

内科の診療時間内にご来院ください。医師の簡単な問診の上、検査が必要な方に、

便採取キットをお渡ししております。(診察となりますので、受付順にお回しします。)

採取後、受付へ提出していただきます。

(送付されてきた便採取用のキットは使用しないでください。)

【職場提出用の健康診断をご希望の方へ】

必要な項目を確認の上、予約のお電話を頂けますようお願いいたします。
(例:採血項目、尿、心電図、胸部レントゲンが必要かどうかなど)

【予防接種について】
2019年11月分より一部ワクチンはWeb予約も可能です。

または受付までお電話ください。
ワクチンの用意があるため小児・大人問わず予約制です。

※B型肝炎ワクチンが品薄です。在庫がない場合は入荷待ちとなります。(2019.10月現在)

成人の肺炎球菌ワクチン対象者は通知が届いています。接種希望の方はお電話ください。

(今年度より対象者でなくても接種できる場合があります。詳細は市にお問合せ下さい。)

手足口病やヘルパンギーナなどに罹患したかたは発疹が消えてから2週間は予防接種できません。ご注意ください。

※乳児健診について※

平日11:15または15:00にお受けします。予約制です。

基本的に予防接種と同日には致しません。 お電話下さい。

[2019/10/01更新]

予約システムを変更いたしました。

2019年8月23日より、予約システムを変更いたしました。

(新予約システムURL https://www.yoyakuru.net/rs/cl-kashiwanoha/web/)

今後は当日の「順番取り」のみとなります。

診察券番号とパスワード(誕生月日4桁)にて、ログインが可能です。

(例:4月1日生まれの方→0401)

●順番受付サービス利用可能時間●

午前: 7:30~(午前のみ受付可)

午後:12:00~(午後のみ受付可)

患者さん自身が行うweb予約のシステムはなくなります。

(検査の方等、必要な方は受付で予約をお取りいたします。)

また、システム変更に伴い、ネットでの順番受付が優先となります。朝、お並び頂きましても、優先的にお呼びすることができません。(現状の1番~10番の方は直接来院いただくことが優先、というシステムはなくなります。)猛暑や寒さ、雨の中、お並びいただくことで、体調を崩されないよう、配慮しての変更です。今後は8:30にドアを開けますので、それ以降でご来院ください。

(順番に関係なく、重症と思われる患者様を優先して診察させていただくことがあります。ご了承下さい。)

Web問診を導入しました。順番取りの際、当てはまる症状に☑、または簡単に症状をご記入いただくと、スムーズに受付が可能です。

新システムより予防接種のWeb予約が可能になる予定です。(11/1~開始予定)

詳細が分かり次第、お知らせいたします。

ご不明な点はスタッフにお尋ねください。

 

[2019/09/01更新]

paypayによる支払いが可能です。

paypayでの支払いが可能となりました。

(スキャン支払い)

会計時にお伝えください。

[2019/07/01更新]

今シーズンのスギ舌下免疫療法が解禁となりました。

スギ花粉の飛散が終了したことにより、スギ舌下免疫療法が開始できるようになりました。
当日はDVDを観て→質疑応答があり→承諾書を記入し→院内舌下→さらに30分状態を見させていただきます。何もなければ終了です。
つまり、約1時間程度かかりますので、初回と2回目については予約制としております。ご希望の方は受付までお電話下さい。
30分ごとの時間差で一家族ごとに進めていきます。
ダニ舌下免疫療法は開始時期を問いませんので、いつ開始しても構いません。(開始手順は上記と同様)。
ただし、スギとダニの舌下の開始時期は2ヶ月ずらすことになっています。お子様は、医療費助成受給券の適応になりますので、必ず持参してください。

舌下免疫は、開始年齢の制限が一昨年までは、5歳以上でしたが、日本小児科学会の判断で、年齢制限は撤廃されました。幅広い年齢の方が治療できます。

舌下免疫療法では、アレルゲン検査にてダニないしスギのアレルギーがあることが証明されている必要があります。他院のデータでも構いません。データがない場合は当院で採血いたします。

 

[2019/05/28更新]

風疹抗体検査について

市からクーポンが送られてきた男性(対象:S47.4/2~S54.4/1生)

送られてきていないが、市へ希望すればクーポンが届く男性(対象:S37.4/2~S47.4/1生)

クーポンがある方は期間内にお受けいたします。

クーポン、保険証、診察券(お持ちの方)をご持参ください。

対象者以外で、妊娠を希望される女性の夫も抗体検査ができます。

市のHPで条件をご確認ください。

[2019/05/18更新]

予防接種料金を一部値下げします。

2019年4月19日より予防接種の料金を一部値下げいたします。
対象は(1回の値段です)
1.水痘 7000円
2.おたふく 5000円
3.ロタリックス 11000円
4.ロタテック 7000円
5.大人肺炎球菌(ニューモバックス)8000円
となります。今なら早めのご案内ができそうです。お電話お待ちしております。
季節の変わり目に、帯状疱疹を発症される方がいらっしゃいます。帯状疱疹の予防には、50歳以上の方を対象とした水痘ワクチンがあります。水ぼうそうにかかったことがある人は、すでに水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫を獲得していますが、年齢とともに弱まってしまうため、改めてワクチン接種を行い、免疫を強化することで帯状疱疹を予防します。予防接種は帯状疱疹を完全に防ぐものではありませんが、たとえ発症しても症状が軽く済むという報告があります。当院で行っております。ご相談下さい。
大人の肺炎球菌ワクチン接種とお子様の予防接種を同日にお受けできます。

[2019/04/20更新]